[漫画日記] 1月1日、元旦は何をやっても初なのだ

20160101

2016年、新年がスタート。

元旦にやることは何をやっても今年初めてのこと。書き初めとか、各地でイベントが行われているのだろう。

我が家の今年さっそく行われたイベントは、5歳児の乳歯が抜けたこと。朝起きたときは「歯がぐらぐらしてるから、ポロリって落ちそう♪」だなんて余裕をかましていた彼。しかし、なかなか抜けず、ご飯食べるときに気になるわ、歯ぐきから血が出るわで、わぁわぁ泣いていた。

最後は、自ら「引っ張って」くれと、親に歯を引っ張らせたのだが、そっちの方が怖いと思うのだが・・・。

2016年の抱負は「ほぼ毎日 [漫画日記] を更新する」

2015年の手帳を読み返すと、198ページの漫画日記を描いていた。平日に更新すると宣言し、2015年の平日は242日あったので、達成率は約80%。けれども、このブログで公開したのは173ページ分であった。

2016年は、とにかく描いて描いて描きまくって、漫画日記をガンガン公開していきたい。

ちなみに過去、元旦に何を描いてきたか、ほぼ日手帳を振り返ってみた。2013年、2014年、2015年の3年間はいずれも漫画やイラストを描いていた。しかしそのボールペンの軌跡は「年を重ねるごとに、書き慣れてきとるなぁ」と、自分でもわかるほど。

上手かどうかは不明だが、「継続は力なり」とは昔の人はよくぞ言ったものだ。

 

[2015年元旦の漫画日記] 4歳になると物事の良い・良くないの区別がつくのだなあと感じた

20150101

ちなみに、前後1週間ぐらい、ずっと高熱でウンウンうなっていた。健康第一を痛感したエピソード。

 

[2014年元旦の漫画日記] 3歳で他人の気持ちを気遣うことができるんだなぁと感じた

20140101

神社へ初詣行こうとする彼とおじいちゃんを、先回りして驚かそうとしたときのエピソード。

 

[2013年元旦は漫画日記ではなく、イラストだった] 2歳児の健やかな成長を祈願していた私

20130101

・・・このころは、ほぼ日手帳に何を、どうやって描こうか模索していたなあ。