【漫画日記&オススメ】UNOはコスパ最強のこどものオモチャだった

k56fxqpgftdp4m6ylvtnjg3e0101.jpg.jpeg k56fxqpgftdp4m6ylvtnjg3e0102.jpg.jpeg k56fxqpgftdp4m6ylvtnjg3e0103.jpg.jpeg k56fxqpgftdp4m6ylvtnjg3e0201.jpg.jpeg k56fxqpgftdp4m6ylvtnjg3e0104.jpg.jpeg k56fxqpgftdp4m6ylvtnjg3e0202.jpg.jpeg k56fxqpgftdp4m6ylvtnjg3e0203.jpg.jpeg k56fxqpgftdp4m6ylvtnjg3e0204.jpg.jpeg

「こどもに何のオモチャを買い与えよう・・・」

そう悩む親は多いはずだ。なぜなら、「◯◯◯◯円で買ったこのオモチャを、こどもはどのぐらい遊んでくれるだろうか」と考えるからだ。考えませんか? せっかくお金出して買うのだから、できるだけ長く遊んで欲しい、と。

そんななか、いつまでたっても遊んでくれるコスパ最強のオモチャに出会えた。その名も「UNO H2O(ウノ エイチ・ツー・オー)」。

購入してから半年以上経つが、未だに遊び続けてくれる。色や数字を覚える勉強にもなるので、一石二鳥。

遊びながら学びが得られる、とってもすばらしいオモチャだ。我が家では多い時で1日に何回も遊ぶ。

そして普通の紙製品のUNOとの最大の違いは防水加工であること。水につけても大丈夫なのだ。だから風呂に持ち込んで遊ぶ。

商品のパッケージには「外でバーベキューのときも、水に濡れてもOK」みたいなこと書いてある。これはアメリカ向けのキャッチコピーなんだろう。

日本向けに「お風呂嫌いな子供も、のぼせるまで遊んじゃうこと間違いなし!」なんて謳い文句はどうだろうか。

「もっと早く買っておけばよかった」、そう後悔するほど満足した、久々の買い物であった。