【漫画日記】広東語で1・2・3・4・・・いえるかな?

aw82jfv2bsdy9vkwaqsvb41b0101.jpg.jpeg aw82jfv2bsdy9vkwaqsvb41b0102.jpg.jpeg aw82jfv2bsdy9vkwaqsvb41b0103.jpg.jpeg aw82jfv2bsdy9vkwaqsvb41b0104.jpg.jpeg aw82jfv2bsdy9vkwaqsvb41b0201.jpg.jpeg aw82jfv2bsdy9vkwaqsvb41b0202.jpg.jpeg aw82jfv2bsdy9vkwaqsvb41b0203.jpg.jpeg aw82jfv2bsdy9vkwaqsvb41b0204.jpg.jpeg

お風呂に上がる直前、我が家では数字を1から100まで数えます。

これは2歳のときからやっていて、当初は日本語だけでやっていました。

そこから中国語(北京語・普通語)、英語、広東語と種類を増やしていきました。

私は中国語の発音はマシな方だと自負しておりますが、英語と広東語については負けましたな。

語学は幼少から始めたほうがよい、と改めて実感いたしました。

お互いに広東語はまだ100まで数えられないので、あと1ヶ月ぐらいでマスターしたいなあ、と思っています。