とりあえずテレビ見るのをやめよう

image20151019

彼は日曜日の戦隊物が好きである。しかし毎週日曜日に見る習慣は無い、なぜなら録画しているから。私が子供のころは、絶対に見逃さないように早起きして見たものだが、時代は変わったものだ。

いま放送中のニンニンジャーは、忍者がテーマだから(?)か、放送中に古風な言い回しがいくつか出てくる。「スキあり!」もそのとき覚えたのかな。

さて、我が家は一般的な家庭に比べて、あまりテレビを見ないほうだと思う。全国平均を調べてみたら、平日が168.3分、休日が225.4分(約3〜4時間)、一方、我が家は休日に1〜2時間見るぐらいだ。

以前は、テレビつけっぱなしで、終日過ごしていたこともあった。しかし、何かの書籍で読んだ次の一節が非常に印象に残ったのでテレビの視聴習慣を改めたのだ。

それは、「1日24時間しか無い中で、仮に4時間、子供にテレビを見せているとする。年間に換算した場合の視聴時間は1460時間。仮に小学校の6年間、このようにテレビを見続けると、8760時間になる。

諸説あるが、10000時間を費やせば達人になると言われている。もし、同じ時間をかけるなら、親として、あなたは子供にどんな時間を過ごしてほしいか」と。

ということで、我が家で始めたのは、「とりあえず、でテレビの電源をつけない」こと。初めの頃は、無音がなんだか寂しい感じはしたが、慣れれば問題なかった。

最近はトランプすることが多い。彼の、タネがバレバレの手品を見せられることもある。けれど、もしかすると10000時間を達成し、一流のマジシャンになっているかもしれない。親バカかもしれないが、テレビの視聴習慣を改めた今、日々そう思う。

関連リンク

テレビの視聴時間は平日よりも休日が長い。若年層は、インターネット利用も休日の方が長い。(総務省)