漫画日記 2021年2月15日号

2月14日はバレンタインデー。例年、この日が日曜日や祝日だとバレンタインデー関連のチョコやお菓子の売り上げが減ると言われている。会社勤めの人たちが「義理チョコ」を買う必要がなくなるからだそうだ。

本当のところはどうなのか、記念日文化研究所というウェブサイトに掲載されていたデータによると以下のとおりだ。バレンタインデーの推計市場規模を2月14日が日曜だった2016年以降から並べている。

日付推計市場規模(数字は概算)
2016/2/14/日1340億円
2017/2/14/火1385億円
2018/2/14/火1300億円
2019/2/14/木1260億円
2020/2/14/金1310億円
2021/2/14/日1050億円(暫定予測)

ごらんのとおり直近5年の推移は、曜日と売上にそこまで関係があるかは「?」はてなマークが浮かぶ。

おそらく職場ではバレンタインが休日だった場合には、前日や翌日に「義理チョコ」を配っていたのではないだろうか。実際にそのような光景を見たこともある(そしてそのような「活動」は禁止になったとも)

ちなみに2021年の売上げは落ち込みが激しいことが予測されている。新型コロナで物理的な人と人とのコミュニケーションが減ったこともあるかもしれないが、「このような状況で楽しんでいいのか(よくない)」という気持ちの落ち込みが大きな原因なのではと思う。

去年から減った260億円の市場、それは義理チョコだったかもしれないし、毎年楽しみにしていた何かだったかもしれない。そろそろマインドを切り替えていかないと、楽しみが減っていくように思うのは私だけだろうか。

それでは今週の漫画日記3本をどうぞ。

本物とは?

父親の手料理の味について素直に述べた話を漫画化。真相は胃の中。

映画実況

映画実況をした話を漫画化。怖くて観れないけれど続きが気になって仕方がない…子どもの頃に同じような経験をしたことがあるので気持ちはわかる。そういえば昔、副音声に切り替えると制作の舞台裏を語ってくれた映画の番組があったなぁ。あれ好きなんだけど、今もあるのかしら。

なぜか?すぐわかる

親は顔を見ただけですぐわかっちゃうよ、という話を漫画化。いつか、わからなくなる日がくるのだけれどね。

【おすすめ漫画】洋菓子もいいけど和菓子もね

冒頭でバレンタインデーについて調べていたとき、思い出したのがこの「あんどーなつ」。ずいぶん前に読んだのでストーリーが思い出せないが、この漫画を読むたびに甘いものを買ってきた「甘い記憶」は残っている。