【漫画術】アンリアルエンジンは漫画を描く作業の無くてはならないツールになるか

アンリアルエンジンを知っていますか?

英語ではUnreal Engine、簡単に説明するとゲームをとても簡単に作ることができるツールのことで、一般的にはゲームエンジンと呼ばれている。このツールを使うと複雑なプログラムを組んだり、緻密なCGを最初から作ることなくゲームを作ることができる。

いま提供されているゲームの大半はこのゲームエンジンによって作られており、これ無しではゲーム制作が成り立たないといっても過言ではない。(ゲームエンジンはほかにもUnityなどが存在するが、今回は割愛する。また、ゲームエンジンについて多くのユーザーがその存在を知ったのは2011年にNHKで報道された番組の特集ではないだろうか。)。

そのUnreal Engineを、漫画を作るために使っている漫画家がいる。おやすみプンプンなどを書いている、浅野いにお氏だ。最新作「デデデ…」で、背景の作画に取り入れているそうだ。Unreal Engineの公式サイトで紹介されている。

浅野氏は 3D モデルのもう1つの利点に気がつきます。「漫画の絵は、1回描いてしまったものは使いきりで、使い回すことができないけれども、3D の素材に関しては、もしかしたら、そのうちまた使えるかもしれないとか、別の角度からも使えるかもしれません。そういう意味では、かけたお金が資産として残っていくという感覚もあるのですよね。」

2020年2月18日 漫画家 浅野 いにお氏、Unreal Engine でリアルタイム背景を制作する

この「資産」という言葉が心に響いた。

漫画は、作画の作業に時間と労力がとてもかかるのですよ。そりゃあ、テーマやお話を生み出すほうが大変ではあるけれど、描き続けるほうがもっと大変。

なかでも背景を描くのはさらに大変。「誰かが背景を描いてくれたらいいのに」と思っている漫画描きは私だけではないはずだ。このツールはそんな大変な作業の負担を大幅に軽くしてくれる可能性を秘めているのだ。時間と労力をかけたぶんだけ報われるなんて、まさしく「資産」。

ちなみに、ジャンプで掲載の漫画「キルアオハル」という作品でも、Unreal Engineを使って一部背景が作成されたとのこと。作画工程を見ると、教室(?)のレイアウトをカメラでグリグリ動かして、自由に決めている様子が気持ちいい。

ということで、2022年、Unreal Engineを習得することにした。まずは公式ウェブサイトにあるチュートリアルで操作方法を覚えるところから始める。いつか完成した漫画を公開できるように、コツコツ取り組む。