【新連載その3】ヨクウツライフ/闇落ち一歩手前の生活

flrdjkqskx33mead9sfdj80d.jpg

とくに運動もしていないのに、急に体がドキドキすることありませんか?

9ef0u93b9kpy6uhuqs3tld49.jpg

そしてドキドキとともに、ずっしりとくる疲労感。

mg3y996cbl3xflr3nd6t5rwa.jpg

ある日、友人と食事したときに、そのドキドキの正体はわかりました。

kwlef9mdf62vmtkap1ye2rup.jpg

友人が言ったドキドキの正体は「ヨクウツ」……

cd5ff56t05p3ls6f7se2psja.jpg

「ヨクウツ」=「よく打つ」バッター!

e2k1t1fdf0jejywte8a9kt9n.jpg

「抑鬱(よくうつ)」という聞きなれないことばの正体は……

d26bpap1af0jy5xpctwf4lae.jpg

「鬱病(うつびょう)」、知識としては知っていました。

そして自分とは関係が無いと思っていました。

mhcey2v0f14ye2erdyr5f7a9.jpg

こんにちは、現時点では鬱病かはまだわからないアラフォーの親父です。診断はこれからです、ドキドキ。

いままで残業が多くても、こんなにドキドキすることはありませんでした。しかし、ついに!…一見すると体は健康そうでも、心は悲鳴をあげはじめているのかもしれません。

そんな自分の状況を漫画に描き残しておこうと思いました。

きっかけは、脳科学者のジル・ボルト・テイラーのTEDの動画。内容をざっくり言うと、自らが脳卒中にかかってしまったときに「脳科学者としては絶好の機会!」と捉えたジル氏。その当時の体験を、ユーモアを交えてスピーチした動画です。

この動画を見た私は「そうだ、自分もこの体験を、記録に残しておこう」と思いました。

ここ最近の私の気分は、上がったり下がったり。しかし気分が上がっているときに、下がっているときのことが、なかなか描けないからです。

現代社会で使われる鬱(うつ)、鬱病(うつびょう)、抑鬱(よくうつ)はどうしてなるのか。なったらどうなるのか。

自分はまだ正式に診断されたわけではありませんが、ドキドキしながら落ち込む日々に、何を考え、どう行動していたかを漫画に残していきたいと思います。

鬱(うつ)がテーマだけど、なるべくポップに♪

つづく