産業医「まだ、はたらけますか?」、という質問に、あなたはどう答えますか?

g9hbc1es5eumk3ufxky049yb.jpg bhy30gfg7ey8hhhs8j8hhcwn.jpg b9uecbt6e5ffgm8dxpl60xr5.jpg errhje6k14j544wac041gbsw.jpg 4vqy4wmfsjq5gqb85tynmttu.jpg fn2yd2hysn0ebnt5qavf2dbq.jpg 1tbyexjrmbjrf5pyejyydf91.jpg 6ynbmmr7vf2arhw9ev9md1dv.jpg

最近、月曜日がとっても憂鬱なisseiです。

産業医と面談した話を漫画にしました。

この産業医との面談後に率直に感じたのは、「もう働けない・・・」と思ったころに、果たして面談に行くことができるのだろうか、ということでした。

私は「まだ働ける」という判断をくだされたわけですが、基準はどうやら残業時間のようでした。

一般的に言われている過労死ライン80時間を超えているかどうか、がドクターストップをかけるかどうかが一つの判断基準のようです。

でも人間って、そんな単純な生き物なのかなあ。数年前に残業が100時間を超えていても心身ともに充実していたこともあったし、直近では残業70時間・・・80時間に満たなくてもこんなに疲弊しているし・・・。

漫画を描いているときが幸せです。

今日は早く家に帰って、漫画描こう。

つづく。