【ヨクウツライフ】迷ったら、迷わずカウンセリング

5dwq0qcgd28vr1shbyeatya8.jpg

こんにちは、isseiです。

ある日の朝、私は絶不調でした。(第1話はこちら

2y8846fy912vcwwlu8e6n17l.jpg

ずーんとした、すごく無気力な感じに…。

rhsvkfyvaks8fde0xw2uxgqq.jpg

どうしようか…これはいよいよ心療内科にでも行こうか…と思っていましたが…。

まずはうちの奥様の知ってる人が鍼灸(しんきゅう)とカウンセリングの先生をやっているということで、そっちに行ってみることに。

sx799ctva678v3amxb6h5f6f.jpg

先生は閑静な住宅街で開業されていました。

rge8dhhfe0tcmyew2dl2d3jm.jpg

我が家は基本的に隠しごとをしません。

ということで、家族みんなで、オヤジのカウンセリングに同席。

85mafkfnhbewrttwe478t3sv.jpg

内装や家具がどれもステキでした。

「高級住宅みたいだ〜」とは、6歳児の本気の感想。

さて、カウンセリングの前に、まずはアンケート用紙を渡されました。必要事項を記入。

そして、いよいよカウンセリング開始。

ふだん聞き役に回ることが多い私ですが、ここではとてもスラスラと話せました。

そして、私がひととおり話終わってから、先生が衝撃の一言!

それは!

!!

!!!

「こたえは、でている」

先生が指摘した私の不調の原因は、仕事や私生活の悩みではありませんでした。

ずばり、今後の「生き方」について悩んでいて、理想と現状とのギャップが不調の原因のようでした。

ちなみに35歳は誰でも「生き方」そのものを見つめ直す年齢、だそうです。

そしてこの年に決めた「生き方」は、今後9年間、進むことになるのだとか。しかも、2年前…つまり33歳のときに始めたことが、今後の9年間の「生き方」につながるとも言われたのです。

2年前、私はほぼ日手帳に、漫画を日記形式で書くことを始めました。

ということは、「35歳からのまんが道!?」

さて、カウンセリングが終わって、この日は念のため鍼灸もしていただきました。

針をさすのもお灸も初体験でしたが、すごーく体の緊張がほぐれた気がします。

そしてなにより、あの、ずーん…とした気持ちが無くなり、以前より前向きに。

翌日、出社しました。

今回わたしがお世話になった先生のHealth & Healing Center

お店の名前: Health & Healing Center 「樂庵-RAKUAN」

ウェブサイト:http://medicalyuuki.com/