知ってた?坐骨神経痛とサヨナラできる!?

タイトル画像

私はもともと腰痛持ちでした。1〜2年に1回はぎっくり腰をするような。

その日も「あ、なんかヤバイ…」という感覚が腰にあらわれ、案の定、終日体を思い通りに動かせない痛みが走りました。

「どうせいつものギックリ腰。整形外科で診てもらって、注射射ってもらえば治る」。しかし、まさかこのとき、この痛みが発症してからなくなるまで数ヶ月かかるとは思いもよりませんでした。

痛みの原因は、坐骨神経痛(ざこつしんけいつう)

私のような腰痛持ちの方が、似たような症例で長期間、痛みに苦しむことがないようにとの思いで漫画化しました

いかがでしたか。

この「坐骨神経痛」、ほんとうにめちゃくちゃ痛い…。日常の、寝る時間もふくめて痛み中心の生活となってしまいます。。。

「坐骨神経痛」というキーワードにたどりつくまで、痛みが発症してから実に2ヶ月かかりました。

2ヶ月間、何をしていたかというと、整形外科に通ってリハビリをしていました。しかし、思うような改善が見込めず、むしろ悪化。痛みが日に日に増すなか、「このままではダメだ!」と強く思いネットで検索し、坐骨神経痛であることを突き止めたのです。

ちなみに検索したワードは「片足 しびれ 腰痛」というキーワード。これ以外にもさまざまなワードを試みました。それこそ、わらにもすがる思いでした。このときインチキ健康療法をすすめられていたら、飛びついていたかもしれません(w

カイロプラクティックとの出会い

さて、「坐骨神経痛」というキーワードを知ってからは、とにかく対処できる医院をネット検索しました。

そしてたどり着いたのが、カイロプラクティックでした。

カイロを知っている方は「骨を鳴らして治すやつ?」というイメージを持っているかもしれません。実際に私も漫画ではわかりやすいように「パキポン」…なんて擬音語で施術のようすを表現しましたが、たしかに施術の中で骨を鳴らされるようなこともされましたが、それは一部にすぎませんでした。

カイロプラクティックとは何かを簡潔に述べた一文をご紹介。

”カイロプラクティックは身体の構造(特に脊椎)と機能に注目した専門医療です。カイロプラクティックの施術法は、施術者によって様々ですが、主に脊椎やその他の身体部位を調整(矯正)することにより、ゆがみの矯正、痛みの軽減、機能改善、身体の自然治癒力を高めることを目的としています。”

(中略)


分かりやすく言えば、骨格のゆがみ、特に背骨の機能異常を手技によって調整することで神経の働きを回復するヘルスケア(保健医療)です。すなわち人間の体を主にコントロールするのは脳につながる神経系であり、その働きがよくなれば自然に人は症状の改善とともに健康になるという訳です。

一般社団法人 日本カイロプラクターズ協会 https://www.jac-chiro.org/aboutChiro.html

腰痛持ちの人、坐骨神経痛(ざこつしんけいつう)って覚えておいてね

カイロプラクティックの施術を受けること数回。痛みが発症してから6ヶ月後のいま、こうして長時間椅子に座ってブログを書けるようになりましたし、寝返りしても痛みで起こされるようなこともなくなりました。

私が今回お伝えしたかったのは、くりかえしになりますが、自分が本当に悩まされたこの痛みの存在と、痛みを何とかする方法があるということです。

「アイテテ…、ぎっくり腰。でも何だか足が猛烈に痛い」と感じたら!?

その痛み、坐骨神経痛(ざこつしんけいつう)かもしれません。

そんなときは近所のカイロプラクティックの医院へ。協会が認定する医院をたずねてくださいね。

日本カイロプラクターズ協会が認定する医院の一覧
https://www.jac-chiro.org/kensaku_all.html

[おまけ]ツイート、痛みがなくなるまで

坐骨神経痛の痛みが走ったのは今年2月ごろ、カイロプラクティックの治療が始まったのは5月ごろでした。

このときの心境は「本当にこの痛みが無くなるときはくるのだろうか…。痛みがあるときの気持ちは、痛みがあるときにしかわからない。自分の備忘録として、また、同じような症例の方の参考のためにツイートしよう!」ということで、雑神経痛とツイートを掛けた「ザコツイート」をしていました(w;

なお、ツイートではカイロプラクティックの医院のことを「整体」と書いています。唐突にカイロと書いても伝わらないかもと思ったので整体という呼び方をしています。ご了承ください。

それでは、全21回のザコツイート、ここに完結。

後半、痛みが徐々におさまってからはツイートするのを忘れてましたね。そして「痛みが無くなったら走る」という目標を達成したころには、すっかりザコツイートなんて言葉を忘れてましたね(w;

以上、坐骨神経痛とサヨナラするまでの一部始終をお届けしました。

タイトル画像

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA