海外で漫画家デビューしようと考えて台湾行きを決めた話

1471991667809.png

こんにちは、isseiです。

7月末、私は仕事で疲れ切っていました。連日の残業はまだよいとして、仕事で何をやってもうまくいかず、満足いく成果が出せていませんでした。

60y32xyytrnxyhvsaehtx2cc010103.jpg.jpg

体重は約2ヶ月で7キロやせ、顔はげっそり、ズボンの腰回りはゆるゆるになりました。

60y32xyytrnxyhvsaehtx2cc010104.jpg.jpg

毎日の通勤電車で、疲弊していく神経。

自分の得意技を封じられて過ごすような感覚に、しだいに違和感を覚えます。

60y32xyytrnxyhvsaehtx2cc010201.jpg.jpg

そして7月もそろそろ終わる、ある日のことでした。私はふと、あることを思いつきます。
60y32xyytrnxyhvsaehtx2cc010202.jpg.jpg

…思いつく、というか吹っ切れた、という表現の方が正しいです。

YouTubeのテレビCMで「好きなことして生きていく」というキャッチコピーがありますが、あのように吹っ切れたのです。そして、自分の好きなこととして、一番最初に思い浮かんだ言葉はもちろん、アレ。

60y32xyytrnxyhvsaehtx2cc010203.jpg.jpg

そう、このウェブサイトでも公開している漫画です。この瞬間、私の頭の中は漫画家を目指す自分の姿だけでした。(若干、あの有名な漫画「俺はまだ本気出してないだけ」の主人公の姿がオーバーラップしましたが、気のせいでしょう…)

60y32xyytrnxyhvsaehtx2cc010204.jpg.jpg

で、私は何を思ったか、海外で漫画家デビューすることを思いつきます。

このときは、その思いつきは、かなり良いアイデアだと思っていました。

yh1p7cg2jufsjtlbtu9a3hye0101.jpg.jpg

もちろん、奥様には相談…。

yh1p7cg2jufsjtlbtu9a3hye0102.jpg.jpg

その後の顛末は、如何に!?

つづく

思いついたらすぐ行動! 台湾のお寺周りで得た経験とは

2016.09.12